ごはんを作ること、食べること

今日3月12日、co-taroで12時の開店直後から子供料理教室を開催しました。

2018年5月にco-taroは開業しましたが、開業の原点は3月11日の東日本大震災です。

9年前、想像もしていなかったことが起き、これからいかに生きてゆくべきか、考え続けました。

食べ物、そして人の力、この大きさを感じ、その気持ちが開店につながってゆきました。

今、また閉塞感が深まる世の中になってしまっています。

どんな時も作り手のおもいが伝わる食べ物と、食事をともにする人がいたら、生きてゆく力になるはず…。

ごはんを自分で作ること、小さな時からそんな力をつけてもらいたい。

いつもco-taroを応援してくれている食育コンダクターの真理子さんが今日、同じ思いから開催してくれたプチ料理教室です。

ま、こんな秘めた思いは横におき、参加してくれた子供ちゃんの笑顔が嬉しい今日でした。

次回3月24日12:00から2回目を予定しています。

先着4名様です。ご参加おまちしています。

0コメント

  • 1000 / 1000

季節のお野菜・ぬか漬け  co-taro

co-taro は 栽培期間中農薬を使用しない 有機栽培など、 自然や地球を大切に、生産者の方々が おもいを込めて育てた野菜、 そして、その野菜を使ったぬか漬け、 ピクルスなどの提供をしています。 地産地消をベースコンセプトとしながら、 時には各地の選りすぐりの品を… 宮城県を中心に各地の生産者さんと 消費者のみなさんをむすぶ… 東北応援、地域応援を目指しています。